機能説明

Zeichen 2-Wege

2 Way
(ツー・ウェイ スピーカー)

2 Wayでは、オーディオスペクトラムを二つの周波数帯域に分割し、二つの異なるドライバーでカバーするように設計されています。
一つ目のドライバー(ほとんど場合、メインスピーカー)が、バス/ミッドレンジ泰をカバーし、もう一つのツィーターが高音域をカバーします。クロスオーバー周波数は、通常、2000ヘルツから3000ヘルツの中間に設定されています。

Zeichen 2,5-Wege

2 1/2 Way
(ツー・アンド・ハーフ・ウェイ スピーカー)

ツー・アンド・ハーフ ウェイ ピーカーシステムでは、ツー・ウェイ スピーカーシステムに、独立したウーファーを追加して、500ヘルツまでの低周波数帯をカバーします。ウーファー/ミッツドレンジ ドライバーとパラレルに作動します。

Zeichen 3-Wege

3 Way
(スリー・ウェイ スピーカー)

スリー・ウェイ・スピーカーシステムは、ツィーター、ミッドレンジ、ウーファーの3個の独立したドライバーが3つの周波数泰をカバーします。一般的には、クロスオーバー周波数レンジは、ウーハー-ミッドレンジ間で150-300ヘルツの中間、ミッドレンジ-ツイター間で2000-3000ヘルツの中間に設定されています。

Zeichen 3,5-Wege

3 1/2 Way
(スリー・アンド・ハーフ・ウェイ スピーカー)

スリー・アンド・ハーフ・ウェイ スピーカーシステムの場合、スリー・ウェイ スピーカーが、約500ヘルツまでの低周波数帯と中間周波数泰をカバーし、さらに独立したウーファー/ミッドレンジドライバーが、ミッドレンジドライバーとパラレルに作動して、補完します。

Active Cone Damping

Active Cone Damping : ACD
(アクティブ・コーン・ダンピング)

アクティブ・コーン・ダンピングは、オーディオフィジックが初めて開発・実用化した、メタルコーン振動板が発生させる無用な共鳴音を低減する技術です。金属製コーン振動板の外周部にシリコンゴム製リングをマウントして固定することにより、メタルコーンが発生させる共鳴音を取り除き、耳障りなメタリックな音を抑えることができます。

Active Cone Damping

シングルワイヤリング / バイワイヤリング /
バイアンピング

現在、ほとんどのオーディオフィジック製スピーカーには、シングルワイヤー用のスピーカーケーブル端子を標準仕様としております。経験上、少数のリスナーは、バイワイヤリングやバイアンピングによるスピーカー接続を希望されていますが、ブリッジ接続に伴う音質の変化に対する対策がほとんどできていないのが現状です。
ほとんどのオーディオフィジック製スピーカーは、お客様のご要望によりバイワイヤリングやバイアンピング端子仕様に変更してお届けすることができます。但し、お買い上げ後に、端子の仕様を変更したり、戻すことは出来までんのでご了承下さい。

Active Cone Damping

Burn-in
(出荷前エージング処理)

購入いたばかりの新品スピーカーには、その最高の音質を奏でるようになるまでに、通常、エージングと呼ばれる20時間から50時間程度の慣らし聴きが必要になります。この慣らし聴きの期間が経過した後も、スピーカーの音質は、場合によっては数年の経過を経て徐々に熟成していきます。オーディオフィジックでは、スピーカーユニットの組み立て前に、主要なコンポーネントのエージング処理を行っています。これにより、リスナーの方は、購入直後の慣らし聴きの期間を短縮することができます。
慣らし聴きの時間と同様に、慣らし聴きの方法については様々な方法があります。慣らし聴き専用のCDを使用して試聴したり、FMチューナーの選局を二つのFM局の中間にセットしてノイズを発生させることでも効果的なエージング処理ができます。

Push Push

Push Push
(ダブルサイド・ウーファー・システム)

オーディオフィジックの3ウェイ及び2ウェイハーフスピーカーには、キャビネットの両側面にウーハーを配置するサイドファイアリングウーハーシステムを採用しています。これにより、大口径のウーファーを搭載していても、オーディオフィジックのスピーカーユニットは、デザイン的にスマートな外観に仕上げることができます。また原理的には、キャビネット両側面に配置されたウーファーは、コーン振動板が、+-対象の方向に同位相で振動します。これにより、キャビネットに影響をあたえる無用なスピーカー振動は、極限まで相殺され、共鳴音の少ないピュアなサウンド再生を実現しています。

註: オーディオフィジックのPush Push技術は、パワーアンプで広く用いられているPush Push原理とはことなるものです。

Vibration Control Terminal

Vibration Control Terminal : VCI
(バイブレーションコントロール端子)

スピーカーから発生する再生音の振動は、オーディオシステム全体にネガティブな共振現象をおよぼします。ハイグレードなオーディオラックやベース、スピーカースタンド、スピーカーフィートの使用は、この共振現象の低減除去に優れた効果を発揮します。しかしながら、オーディオ電気信号を伝えるのに不可欠なスピーカーケーブルが、電気信号の伝達以外にも、物理的な振動も伝達していることにはあまり注意が向けられていませんでした。スピーカーキャビネットで発生している振動は、ケーブル端子を経由して、ケーブルにも伝達してしまいます。オーディオフィジックでは、この不要な振動がスピーカー端子経由でドライバーに戻るのを低減させるために振動制御用のバイブレーションコントロール端子を開発しました。重厚なアルミ素材の端子板は、ネオプレインゴム製パッキンでスピーカーキャビネットに固定されていますので、キャビネッツトからのドライバーに戻る振動は低減されます。

Push Push

Push Push
(ダブルサイド・ウーファー・システム)

オーディオフィジックの3ウェイ及び2ウェイハーフスピーカーには、キャビネットの両側面にウーハーを配置するサイドファイアリングウーハーシステムを採用しています。これにより、大口径のウーファーを搭載していても、オーディオフィジックのスピーカーユニットは、デザイン的にスマートな外観に仕上げることができます。また原理的には、キャビネット両側面に配置されたウーファーは、コーン振動板が、+-対象の方向に同位相で振動します。これにより、キャビネットに影響をあたえる無用なスピーカー振動は、極限まで相殺され、共鳴音の少ないピュアなサウンド再生を実現しています。

註: オーディオフィジックのPush Push技術は、パワーアンプで広く用いられているPush Push原理とはことなるものです。

dual basket design

Dual Basket Design
(デュアル バスケット デザイン)

デュアルバスケットデザインは、HHCMⅢテクノロジーの最も重要な部分です。バスケットを1つだけ使用したものだと、不要な振動がドライバーからキャビネットへ、またその逆へも伝わり、スピーカーのパフォーマンスに影響を及ぼし低下させますが、2つのコンポーネントに分割されたバスケット設計を使用することにより、問題を解決しています。